手形割引の基本

書類を見せる女性社員

商業などで取引がある場合、その支払い方法として手形を降り出すことがあります。手形とは、資格などを証明する文書のことを指します。この日までに借りた金額を支払う、という契約を文書という形に残すことで、支払いを滞ること無く済ませることができるのです。手元にお金がない場合などに利用されることが多い制度で、様々なシーンで活用されています。例えば商品を買い取る際に資金がない場合、手形によって支払いを延期することができます。手形を受け取った側は約束の日に銀行へ手形を提出し、お金を受け取ることができます。この手形は多くの会社にも利用されています。期日前の手形を現金にすることができます。しかし期日前にお金を受け取ることで銀行側からの融資を受けるという形になり、利息分の金額は引かれます。この手形割引を利用し、利益を生み出すことで取引が成立するのです。

手形を降り出す際は、気をつけなくてはならないことがあります。手形は口約束とは違い形に残る約束です。支払いの期日も明確なので、期日内に指定の金融機関への振込がひつようになります。何らかの理由でこれが滞り、お金を受け取る側が手形を提出しても拒否されてしまいます。お金のやりとりはとてもシビアなものなので、これが企業間でのやりとりであれば信用を失ってしまうことにも繋がります。失敗しないためにも、手形についてよく理解することが大切です。手形割引もその構造は単純ではありますが、よく考えなければ大きな損害を出してしまう結果になってしまいます。手形割引について詳しく紹介しているようなサイトを見たりすると、企業の手形割引制度についてよく知ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加