ストレスのチェック

案内係りの社員たち

素直に答えていく事が何よりも大切になってきます。

まず安心してもらいたいのはストレスチェックの結果があまりにも悪いからといって、そこで終わりではないので、安心してもらいたいです。ストレスチェックの結果が悪くても、そこから少しずつ改善する事で以前の精神状態を取り戻す事ができますので、安心してもらいたいです。 あくまで心のストレス状態を確認するチェックになっており、悪い結果が出てもそこから改善する事ができるので、本人次第になってきます。 ストレスチェックを受ける際に素直に答えていく事が大切になってくるので、変に気取らない事が重要になってきます。ここで変に気取ってしまったりすると正しい結果が出ない可能性が出てきますので、素直にストレスチェックに臨むようにしてもらいたいです。

気楽な気持ちを受ける事が必要になってきます。

あまりにも緊張や不安を感じながら、ストレスチェックを受けてしまうとそれだけでも大きなストレスを生み出してしまいます。通常のテストや試験と違っており、あくまでストレスの確認をする一つの方法になっていますので、気楽な気持ちで受けていただきたいです。 またストレスチェックを受ける際に、理解する事ができない文言などが記載されている場合には、素直に質問をしてもらいたいです。ちょっとでも異なる結果になる事で、精神のストレス状態に大きな違いが出てきてしまう事もあるからです。 今ではストレスチェックを行っている精神病院なども増えてきていますし、会社や企業でも簡易的なストレスチェックを行っている事もあるので、多くの場所で受ける事ができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加